ホームセキュリティ 高齢者 資料請求

緊急時の連絡方法について

侵入犯罪や火災などの緊急事態が起こった時は、ホームセキュリティ会社にどのようにして連絡(通報)をすればいいのでしょうか?



緊急事態が起こった時のホームセキュリティ会社への連絡方法は主に次の2通りあります。


防犯システムが自動通報

ホームセキュリティの防犯システムが侵入犯を検知して撃退! 不審者の侵入、火災やガス漏れの発生など、緊急事態が発生した時に、防犯システムのセンサーが異常事態を自動的に検知し、ホームセキュリティ会社に自動通報します。異常事態の発生に気が付かなくても、防犯システムが異常事態を検知し、自動的に通報することで、被害の発生と拡大を未然に防止します。

緊急ボタン(非常ボタン)による手動通報

ペンダント型の「マイドクター」で通報 ストーカーにつけられたり、急病や急な怪我などの時に、防犯システムの緊急ボタン(非常ボタン)を押すことで、自分でホームセキュリティ会社に通報する方法です。自分で緊急ボタン(非常ボタン)を押すことで、よりきめ細かな対応が可能になります。

上記のいずれの方法で通報しても、ホームセキュリティ会社のセンターがただちに状況を確認。出動要請に基づき、ホームセキュリティ会社の警備員が現場に急行。あなたや家族の安全、財産を守ります。


ホームセキュリティは、サービス・値段・設置条件に違いがあります。
最適なホームセキュリティの無料一括資料請求はこちらです!
↓     ↓     ↓     ↓     ↓
ズバットホームセキュリティ比較 A8