ホームセキュリティ 高齢者 資料請求

ホームセキュリティとは?

テレビでセコム(SECOM)やアルソック(ALSOK)などのホームセキュリティのコマーシャルが盛んに放送されています。ホームセキュリティとはどのようなもので、ホームセキュリティを導入すると、どのような効果があるのでしょうか。



ホームセキュリティの仕組み

ホームセキュリティの警備員 ホームセキュリティとは、侵入犯などによって防犯システムが異常を検知すると、ホームセキュリティ会社に 自動通報され、遠隔操作や電話などにより状況を判断し、必要があれば警備員が速やかに駆けつけるサービスです。


契約するホームセキュリティ会社やプランによっても違いがありますが、センサーの種類やセンサーの設置場所には様々なものがあります。人の目につきにくい裏口周辺や暗いガレージ、庭の死角などで不審者の動きを検知・監視する人感センサー、扉や窓などに取り付けて、開け閉めの異常や戸締まり忘れを検知するものなどが主なものです。

高齢者にも優しいホームセキュリティ

侵入犯などから家や財産などを守るのがホームセキュリティの主な機能ですが、ホームセキュリティの効果はそれだけではありません。


高齢者に優しいホームセキュリティで思わず笑顔がこぼれます 実は、ホームセキュリティには高齢者世帯を優しく見守り、高齢者の安全・安心を守る様々な機能があるんです。


ホームセキュリティ会社やプランによっても違いがありますが、病気や怪我などで高齢者の具合が悪くなった時に通報する機能、高齢者の生活導線を見守ることで異常発生を速やかに検知・通報する機能、身の危険を感じた時に非常ボタンを押すことで通報する機能、火災発生やガス漏れなどを検知して通報する機能など、高齢者が安心して暮らせる機能がたくさんあります。


高齢化社会を迎えている日本では、この高齢者向けの機能や効果を期待してホームセキュリティと契約する人たちが増えてきています。

被害にあっても保証制度がある場合も

ホームセキュリティと補償制度で被害にあった場合でも安心 ホームセキュリティ会社によっても違いがありますが、ホームセキュリティを導入していて空き巣や火災にあった場合に、損害が補償される制度が用意されている場合があります。


ホームセキュリティ会社と保険会社との間で締結された保険契約によって、一定額の保険金が支払われたり、被害者が支払う自己負担金(免責金)が少しの金額で済んだり、利用者が支払う保険料が割り引かれたりする場合があります。


↓ まずは無料資料請求から(クリック) ↓
ズッバットホームセキュリティ比較 A8